30代のシミ対策の心得!対策の前に予防が大切。

シミ対策

シミやくすみの悩み、感じていませんか?

乾燥小じわやちりめんじわや表情じわやたるみ毛穴や大人ニキビや法令線や角質のゴワつきやキメの乱れなど、年齢を重ねると肌の衰えによるエイジングサインが顔に多数あらわれ始めますが、シミやくすみもその代表格です。

  • ファンデーションだけでは隠すことが出来ずコンシーラーで徹底的にカバーしなければならない
  • 目の下のクマやハリ不足や小じわと相まって一気に老け顔になってしまう
  • くすみのせいで顔の府に気が暗く見えてしまう
  • もともとあったシミが年々濃くなってきているような気がする

などの悩みを抱えている方は多いでしょう。

シミやくすみは見た目年齢を大きく押し上げる原因にもなりますので、早めの対策が必要です。

コラーゲンが減少し始める20代後半頃からシミが出来やすくなりますので、30代からはアンチエイジングを意識した本格的なシミ対策を始めるべきです。

30代からのシミ対策で重要なことは?

30代のシミ対策において重要視すべきなのが、徹底的なシミ予防です。

出来てしまったシミを消すのは至難の業ですので、出来ないようにするための予防対策が必要不可欠です。

シミやくすみにアプローチする美白ケアをする前に、まずは予防のためのケアをすることが大切です。

そこで重要になってくるのが日焼け対策です。

紫外線を浴びることは肌にとって大きなダメージとなり、肌がダメージを受けるとメラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を起こし黒色化します。

それが皮膚の表面にあらわれたのがシミです。

メラニンの色素沈着を抑制することが、シミ対策においては重要になります。

シミ対策の具体的方法

具体的に行うべき対策は、物理的な日焼け対策とバリア機能を高めるための保湿ケアと体の中から働きかけるインナーケアです。

物理的な日焼け対策としては、日傘をさしたりUVカット加工がなされている帽子をかぶったり日焼け止めクリームを塗ったりなどが有効的です。

日焼け対策としては基本となる日焼け止めクリーム

日焼け止めクリームは、紫外線をカットするパワーの目安となるPAとSPFの数値が高めのものを選びましょう。

肌が乾燥すると角質のバリア機能が低下してシミが出来やすい肌環境になってしまいますので、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分をコスメでチャージして潤いに満ちた肌を維持することが大事です。

乾燥はシミだけではなくシワや大人ニキビやたるみやキメの粗さや毛穴の開きなど、様々な肌トラブルの原因になります。

保湿ケアはスキンケアにおける基本です。

インナーケアにはビタミンC

インナーケアとして行うべきなのが、抗酸化作用を持つビタミンCを積極的に摂取してメラニンの色素沈着を抑えるということです。

ビタミンCは水溶性ビタミンで体内に長時間ストックしておくことが出来ませんので、サプリでこまめに摂取するのがおすすめです。