口臭は原因がわかれば正しい口腔ケアで解決できる?

口臭

口臭の原因はほとんどが舌の汚れと乾燥

口臭の原因の多くは、舌の汚れと乾燥です。

まず、舌が乾燥すると口腔内の細菌が繁殖してしまいますので、それが原因で口臭が発生します。
そもそも、口腔内の細菌は悪臭を放つ元になります。

細菌が繁殖しやすい状態にすることは、それだけで臭いがきつくなると考えて間違いありません。

歯周病も口臭の原因に

同様の観点から、歯周病も口臭と関連があると考えられています。

歯周病には、歯周ポケットと呼ばれるものが存在します。
細菌が棲みついている場所であり、しかも大量に生息していますのでこれが臭いの元になります。
歯周病の厄介な点は、放置していても問題を解決できない点です。
歯科に行って状態を改善する必要がありますので、歯周病がある場合には早急な治療が必要です。

舌の汚れをケアしよう

舌の汚れについては、歯磨きなどで舌の掃除を行うことが大切です。
力強くしなくても、軽くこするだけでほとんどの細菌を除去できます。

時間が無くて面倒な場合は、マウスウォッシュを使うのも1つの手です。

口臭にはドライマウスも関係する

これに加えて、ドライマウスが関連しています。
ドライマウスが口臭の原因となるのは、唾液の分泌を上手く促すことができなくなってしまうからです。

唾液には、殺菌作用が存在しますので一定量きちんと分泌されているとそれだけで口の中の環境を整えられます。
しかし、ドライマウスになってしまうとその機能を上手く働かせることができなくなります。

しかも、やり方を間違ってしまうと逆効果になる可能性もあります。
例えば、舌の汚れをとるときに強いアルコール成分が含まれたものを利用すると、唾液の分泌量を減らしてしまう可能性も存在します。

これは、舌に刺激を与えすぎてしまうと汚れが逆に付きやすくなることとも関連しています。

口の中の環境を整える

こういった観点から、効率的に口腔内の環境を整えられるものが好ましいと判断できます。
身近なもので述べれば、ガムお茶は最適です。

基本的に、人間は咀嚼を行うことで唾液を分泌させます。

ガムは、定期的に噛み続ける必要がありますので自然と唾液を分泌させることができます。
普段からあまり食べ物を噛まない人にとっては、ガムを利用することは効率的な手段だといえます。

また、お茶については殺菌作用が存在します。

お茶には様々な成分が含まれていますが、口腔環境を整えて口臭の元になる細菌を除去する効果がありますので、定期的に飲むだけでもかなり違います。
ですから、正しい方法で口腔内の保湿を維持することは非常に重要なポイントです。