グラステムセルの使い方は?使い始める前に抑えておきたい疑問

グラステムセル

グラステムセルで年齢サインによる悩みケアを

グラステムセルは、加齢により出てくる乾燥やくすみや頬や鼻の毛穴やハリ不足や肌荒れなどの悩みの改善を目的としたアンチエイジング化粧品です。

20代までの若い素肌の場合は、肌の正常なターンオーバーが維持されているので、日焼けなどで肌荒れを起こしても、自己再生力があって自然と元に戻ります。

だけど加齢が進むにつれて、自己再生力が衰えて肌の悩みが顕著に表れてきます。

加齢すると若々しい素肌を保てために何が不足しているのかを考えて、ヒト幹細胞培養液の不足に行きつきました。

ヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液は人の体内にもともと存在し、ハリや若々しい弾力のある肌を保つために必要不可欠な物質です。

20代後半からヒト幹細胞培養液は体内で生成される量が減少し始めて、その低下によっては加齢による肌の症状が出てきます。

そこでヒト幹細胞培養液を補うために、グラステムセルが作られました。

グラステムセルを効果的に使うには?

グラステムセルのオススメの使い方は、次のケアを毎日朝と晩の2回忘れずにしっかりと、普段行っているスキンケアにプラスして行う事です。

グラステムセルをまず用意して、洗顔料や石鹸を使って顔表面の汚れを洗顔でしっかりと落とします。

そして毛穴の汚れのない清潔な状態になって、浸透のための下準備が出来た事を確認します。

次のグラステムセルを手の平に適量の2から3プッシュ分を出して、特に保湿したい気になる箇所を中心に優しく塗り伸ばしていきます。

グラステムセルを一通り塗った後に、手の平で包み込むように浸透をマッサージした後に、通常のスキンケアを行います。

それに加えて、特に年齢サインが色濃く出る目元や口元や額や眉間やデコルテなどは、重ね塗りをする事が推奨されてます。

グラステムセルを重ね塗りをする時にも、手の平でしっかり包み込むように塗り込んで、美容成分を優しく浸透させる事が重要です。

グラステムセルが選ばれる理由とは?

グラステムセルが選ばれる理由には、いくつかのポイントがあります。

単に高濃度のヒト幹細胞培養液が含まれているだけでなく、その活動を最大限に発揮させる為の3種類のグローブースター成分も入ってます。

このグローブースター成分には、肌の成長を促すものと、潤いを与えて肌を和らげる効果があります。

さらに肌を引き締めたり保湿効果を上げたり美肌効果が期待できる、5種類の美容成分も添加されてます。

加えて、5種類の美容成分の浸透力を高めるために、ヒトの肌に存在するリン脂質と同様の構造のナノ化がなされています。

ナノ化される事で、効率的に安定した状態で美容成分を角質層の隅々まで浸透させる事が出来ます。